契約期間内でも立ち退き請求

賃貸契約書には、ほとんどの場合、契約期間が書いてあります。契約期間が過ぎそうになると、契約更新料の請求が来て、契約更新料を支払ったら、また新しい契約期間が書いてある賃貸契約書を渡されます。でも、そんな契約期間などおかまいなしに、築浅物件でも大きいマンションに建て替えるために取り壊すから、などという理由で立ち退きを迫られることがあります。なんのための契約更新?何のために契約更新料を支払ったのか?ってことになりますよね。

契約期間に意義はほとんどない

契約期間って、借り手にしてみれば、契約更新料を支払う時期の目安でしかないようなものではありませんか。あとは、その期間内だったら家賃の値上げはないだろうという程度で、その期間に守られるのは家賃の額だけみたいです。借り手側も、契約期間に関係なく、解約予告期間分の家賃さえ支払えば、いつでも引越して行けるわけですが、ただ、契約更新料はどいういうことなのか、と思うわけです。支払ったのは借り手側です。メリットないじゃありませんか。

定期借家契約でなければ

家主側では、契約更新料を礼金みたいに考えてる面がありますよ。契約期間には何の意味もなくて、正当事由があれば、いつでも退去を迫れることがわかっているようです。契約期間をはっきり決めたかったら、定期借家契約にする必要があり、でもそうすると家賃は下がるので、契約期間ってことで曖昧にしているようです。借り手側も気にすべきは解約予告期間ですしね。礼金ゼロ物件に続く、契約更新料ゼロ物件の登場を期待したいものです。

賃貸ビルは造りが頑丈な所が多く、都市部に位置する物件は交通の便が良い利点があります。その一方でビル物件は複数の入居者が利用するので、廊下や階段などの共有スペースは丁寧に利用するのが社会的なマナーです。