小規模経営の物件なら解決は早い

ペット不可の賃貸住宅でペットを飼っている例というのは少なくないですね。飼っている側は何も気にいないでいることが多いですが、他の住人は、迷惑に感じるのが普通でしょう。ペット不可だから、と飼いたがる子供に我慢させている例もあるでしょうし。家主が近くにいたり、小さな規模で経営している物件なら、家主か不動産屋に言えばすぐに解決します。家主としては室内が傷みますし、とんでもない事態ですから、即座に対応します。

大規模経営の物件では放置されがち

大規模経営の物件だと、苦情を聞いても担当者に当事者意識がないからでしょうね。放置されがちです。近隣の住民がそのことで多少引越して行ったとしても動きません。ペットを飼っているのは明らかに契約違反ですが、家賃を収めている限り、担当者にとってはすぐ動かなければならないような事態ではないわけです。近隣の住民が諦めたり、引っ越して行ってくれたほうがかえって手間が省けるのでしょう。ただ、苦情が繰り返されると、さすがに重い腰を上げます。

ペットを飼う住民への対応

大規模経営の賃貸住宅の場合、家賃を払っている限りは、契約に違反してペットを飼っていたからといって、すぐ退去を迫れるわけではありません。契約違反であることを告げて一定期間を置いて、それでも状況が変わらなければ、内容証明つきの催告書を送付します。それでも応じなければ、裁判となり、判決が確定して、ようやくペットを手放すか、転居するかの強制力を働かせることができます。そこまではしないだろう、と考えている飼い主がほとんどです。

札幌市白石区の賃貸マンションは、防犯セキュリティが充実していますし、地震にも強い賃貸マンションになっています。